2017年04月27日

ギリシア悲劇上演のお知らせ

西村賀子さんを通じてギリシア悲劇上演のお知らせが参りました。

ギリシア悲劇上演のお知らせ
 ギリシア悲劇上演の案内が参りましたのでお知らせいたします
ふじのくに野外芸術フェスタ第71回アヴィニョン演劇祭オープニング招待作品
宮城 聡 構成・演出
『アンティゴネ〜時を超える送り火〜』
公演期間
2017年5月4日(木・祝)、5日(金・祝)、6日(土)、7日(日)
 いずれも18時30分開演
公演場所
駿府城公園(静岡県) 紅葉山庭園前広場 特設会場
詳細
http://festival-shizuoka.jp/program/antigone/



(HP運営委員 西井)
posted by HP運営委員会 at 14:44| Comment(0) | お知らせ

2017年04月14日

古代演劇クラブ ギリシア招待講演 クラウドファンディングのお知らせ


葛西康徳氏を通じて古代演劇クラブからの依頼が参りました。


 日ごろ皆さまにはギリシア・ローマ古典文化の普及に関しまして、大変お世話になっております。このたび、別添leafletのように、学生を中心に古典演劇(ギリシア喜劇)をギリシア語で上演する企画が、ギリシアの有名な国際演劇際に認められ、招待公演を依頼されることとなりました。
 しかしながら、先方での諸費用は援助されるのですが、往復渡航費は一切自弁とされました。折角のチャンスですので、何としても実現したいと思いまして、失礼を顧みず、皆さまの援助をお願いする次第です。
 かつて、1950年代後半、日比谷野外劇場にてギリシア悲劇を上演したかつての学生の熱意を再現すべく、なにとぞご助力をお願いできれば幸いです。

              葛西康徳(東京大学文学部西洋古典学研究室)


クラウドファンディングのお手続きはこちらから↓
東大発<古代ギリシャ演劇>のギリシャ演劇祭招待公演を実現させたい!
現地への渡航費について支援のお願い


宣伝にお使いください↓
leaflet.pdf


(HP運営委員 西井)
posted by HP運営委員会 at 19:33| Comment(0) | お知らせ

2017年02月27日

神崎繁先生を偲ぶ会

「神崎繁先生を偲ぶ会」のご案内

2016 年の秋に神崎先生が急逝され、数カ月が経とうとしています。
古代、中世、現代と、様々な哲学・思想領域で浩瀚に研究を行ない、また後進にも多くを導い
てくださった神崎先生との別れは、あまりにも突然すぎて未だに信じがたい限りです。
そのような気持ちを胸に抱きつつ、先生を皆さまと思い出してみたいと考え、発起人一同、「神
崎繁先生を偲ぶ会」を開くことにしました。
春の一日、先生の人柄と様々な業績について、ゆっくりと語り合えればと思います。

日時 2017 年 3 月 19 日(日曜日)
場所 首都大学東京国際交流会館(第一部 会議室、第二部 ルヴェソンヴェール)

第一部 研究発表会 13 時 30 分から受付
発起人挨拶
研究発表 1 14:10–14:50 渡辺邦夫(茨城大学)
研究発表 2 15:00–15:40 土橋茂樹(中央大学)
研究発表 3 15:50–16:30 木本周平(首都大学東京)

第二部 食事会 16 時 30 分から受付 会費 4,000 円
17 時から 19 時

発起人 金澤修・上村直樹・栗原裕次
共催 東京都立大学哲学会(会長・甲斐博見)
ギリシャ哲学セミナー(代表代行・荻野弘之)
教父研究会(会長・出村和彦)

「神崎繁先生を偲ぶ会」連絡先 首都大学東京 哲学科事務室
Tel. 042-677-2068


(HP運営委員 西井)
posted by HP運営委員会 at 01:30| Comment(0) | お知らせ

2017年01月16日

ギリシア悲劇上演のお知らせ

ギリシア悲劇上演の案内が参りましたのでお知らせいたします

演劇集団 砂地 2017年2月公演
『アトレウス』
公演期間
2017年2月9日(木)〜13日(月)

会場
吉祥寺シアター

詳細
https://www.sunachi.net/%E6%9C%80%E6%96%B0%E3%81%AE%E5%85%AC%E6%BC%94-%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A6%E3%82%B9-1/

田中孝弥 構成・演出 『オイディプス王』
3/9〜3/12 AL・HALL

詳細
http://seiryu-theater.jp/archives/3536

アトレウス表.pdf

アトレウス裏.pdf

オイディプス王表.jpg

オイディプス王裏.jpg

(HP運営委員 西井)
posted by HP運営委員会 at 22:27| Comment(0) | お知らせ

2016年05月24日

特別展 古代ギリシャ


東京展
東京国立博物館 平成館(上野公園)
〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
会期 2016年6月21日(火)〜9月19日(月・祝)

長崎展
長崎県美術館
〒850-0862 長崎県長崎市出島町2-1
会期 2016年10月14日(金)〜12月11日(日)

神戸展
神戸市立博物館
〒650-0034 神戸市中央区京町24
会期 2016年12月23日(金・祝)〜2017年4月2日(日)

詳細
http://www.greece2016-17.jp/


(HP運営委員 西井)
posted by HP運営委員会 at 20:46| Comment(0) | お知らせ

「ギリシャ悲劇の代表作「メディア」と「アンティゴネー」、東京の能舞台で6月に上演」


ギリシャ悲劇を代表するエウリピデスの「メディア」とソポクレスの「アンティゴネー」が今年6月それぞれ一日限りの舞台として能舞台によみがえる。

今回、二つのギリシャ悲劇を上演するのは演出家レオニード・アニシモフにより2004年に設立された劇団の東京ノーヴイ・レパートリーシアター。ロシアの演劇理論であるスタニスラフスキー・システムによる俳優訓練と、日本では稀なレパートリーシステムによる長期連続公演を特徴とし、これまで近松門左衛門の「曽根崎心中」、ブレヒトの「コーカサスの白墨の輪」をはじめ世界のあらゆる作品を演じている。

夫イアソンの裏切りへの復讐の果てに自らの子を殺めるコルキスの王女・メディアを描いた「メディア」と、オイディプス王の娘であり、跡継ぎの座を争い斃れた裏切者の兄を弔ったがために罪に問われたアンティゴネーを描く「アンティゴネー」という、現代においても色あせない二つの劇作が能舞台の上でどのように表現されるかが注目される。

[ 公演詳細 ]

・日時:
「メディア」 2016年6月25日(土) 開場16:00/開演17:00
「アンティゴネー」 2016年6月26日(日) 開場14:00/開演15:00

・会場:
梅若能楽学院会館(東京都中野区東中野2−6−14)

・入場料:
全席自由(前売:5,000円/当日:6,000円/Under25:3,000円(※当日身分証提示))
2作品券 9,000円(50枚限定/要予約)

・予約・問い合わせ:
東京ノーヴイ・レパートリーシアター/Tel:Fax 03-5453-4945(平日10:00〜17:00)
※チケットは公式サイトからも購入可能。(4月1日販売開始)

・後援:
駐日ギリシャ大使館、在日ロシア連邦大使館、中野区


転載元:http://www.greecejapan.com/jp/?p=15000

(HP運営委員 西井)
posted by HP運営委員会 at 20:38| Comment(0) | お知らせ