2018年08月14日

第4回日欧古代地中海世界コロキアムの開催について


佐藤昇さんから第4回日欧古代地中海世界コロキアム(9/3 - 9/7、名古屋大学)の案内が届きましたのでお知らせいたします。
詳しくは、下記のポスター・プログラムをご覧ください。

4th EJ Colloquium.pdf

4th EJ colloquium program v.4.pdf

(HP運営委員 西井)
posted by HP運営委員会 at 06:52| Comment(0) | 学会・研究会・講演会情報

2018年04月28日

Elizabeth Craik教授、Matteo Venier博士 講演会日程


Elizabeth Craik教授、Matteo Venier博士の講演会の案内が届きましたのでお知らせいたします。6月2日と3日の講演は第69回日本西洋古典学会のプログラムの一部です。

Prof. Elizabeth Craik (The University of St. Andrews)
(1) Saturday 26 May, 2-5 pm
Kyoto University, Faculty of Letters (Lecture Room 4)
‘Doctors and Dramatists’

(2) Wednesday 30 May, 2 pm
University of Tokyo, Mukogaoka Faculty House
‘Doctors and Dramatists’

(3) Saturday 2 June, 1.30 pm
Conference of the Classical Society of Japan
Nagoya University, Noyori Kinen Hall
‘Hippocrates, Curriculum Vitae’


Dr. Matteo Venier (The University of Udine)
(1) Wednesday 30 May, 4 pm
University of Tokyo, Mukogaoka Faculty House
‘The relations between the poem of Ariosto Orlando Furioso and his precursors (Ovid in particular’
(2) Sunday 3 June, 1.40 pm
Conference of the Classical Society of Japan
Nagoya University, Noyori Kinen Hall
‘Petrarch and Silius Italicus: Survey on a Controversial Topic’


(HP運営委員 西井)
posted by HP運営委員会 at 04:13| Comment(0) | 学会・研究会・講演会情報

2018年04月19日

Brad Inwood 教授講演会(5/12北大、5/14東大、5/18京大(会場情報追加))

近藤智彦さんより下記の講演会・研究会のお知らせが参りました。


Brad Inwood 教授講演会
この度、ストア派をはじめとする古代ギリシア・ローマ哲学の研究により国際的に知られるブラッド・インウッド教授(イェール大学)をお招きして、下記の通り講演会・研究会を開催します。多くの方のお越しをお待ちしています。

主要著書
Ethics and Human Action in Early Stoicism (Oxford University Press, 1985).
The Poem of Empedocles (University of Toronto Press, 1992; rev. 2001).
Reading Seneca: Stoic Philosophy at Rome (Oxford University Press, 2005).
Seneca: Selected Philosophical Letters (Oxford University Press, 2007).
Ethics after Aristotle (Harvard University Press, 2014).
他、編著多数

2018年5月12日(土)北海道大学
 人文・社会科学 総合教育研究棟(W棟)W513/4室
Workshop on Stoicism
14:00-14:50 Masaru Yasuda (Hokkaido University)
 Platonist critique of Stoic justice
14:55-15:45 Tomohiko Kondo (Hokkaido University)
 The principle of “doing one’s own” in the Platonic-Stoic tradition
15:50-16:40 Yohei Nishimura (University of Hyogo)
 Simplicius’ use of prohairesis in his Commentary on Epictetus’ Handbook
17:00-18:30 Brad Inwood (Yale University)
 The pitfalls of perfection: Stoicism for non-sages

2018年5月14日(月) 東京大学
 文学部 哲学研究室(法文2号館西側2階)/教員談話室(法文2号館東側2階)
15:00-16:30 Reading Seminar @哲学研究室
 Seneca, Epistulae Morales 65
16:45-18:30 Brad Inwood (Yale University) @教員談話室
 What kind of Stoic are you? The case of Marcus Aurelius

2018年5月18日(金) 京都大学
 文学部会議室
15:00-17:00 Brad Inwood (Yale University)
 The pitfalls of perfection: Stoicism for non-sages

使用言語:英語 参加自由 資料は事前に電子メールで送付
問合せ先:近藤 智彦(北海道大学大学院文学研究科) kondo@let.hokudai.ac.jp

主催:科研費プロジェクト「アリストテレス倫理学の再定位を通した新たな自然主義的倫理学の構想」 (17H02257)
協力:科研費プロジェクト「古代ギリシア文明における超越と人間の価値―欧文総合研究―」 (16H03401)

Inwood教授プログラム(0429追加).pdf

(HP運営委員 西井)
posted by HP運営委員会 at 16:14| Comment(0) | 学会・研究会・講演会情報

2018年03月15日

公開ワークショップ「近世ドイツ語圏のイエズス会劇と西洋古典文学」


本学比較文化研究所地中海研究部会と越境研究会(日本アジア比較文化研究部会)の共催により、下記のとおり公開ワークショップを開催します。

九州の歴史とも関係の深い内容で、高校生や一般の方の参加も歓迎します。

途中入退場もできますので、お気軽にお立ち寄りください。


日時
2018年3月16日(金曜日) 16:00

場所
久留米大学御井キャンパス 御井本館2階 ラーニングコモンズA

プログラム

はじめに

「イエズス会劇と日本人描写の研究」
第1部
「史上初世界規模の伝言ネットワーク:日本のことをヨーロッパに伝えたイエズス会日本報告」

「ルツェルンのザビエル劇(1677年)大友宗麟の描写など」

第2部
「古代地中海から近世日本およびドイツにおける世代間のあつれき:ミュンヘンのヴィクトル劇」

「聖フランシスコ・ザビエル:第二のアエネアス?」

申込み
不要(直接、会場にお越しください)

参加費
無料

問い合わせ
久留米大学文学部 (大場)

 E-mail:oba_haruka★kurume-u.ac.jp


(メールアドレスは★を@に変えてください)
2018ワークショップのポスター.pdf
posted by HP運営委員会 at 21:27| Comment(0) | 学会・研究会・講演会情報

2018年02月01日

ラテン語韻文作文のワークショップ(ミシガン大学主催、シチリアの Trapani にて今年の7月5-14日、'Inter Versiculos in Sicilia')の案内

東北大学の荻原理さんから標題の案内がございましたのでお知らせいたします。

We wish to invite anyone with an interest in Latin verse to:
‘Inter Versiculos in Sicilia’, a 10-day workshop in Latin verse composition, sponsored by the University of Michigan, and led by David Money (Cambridge).
See our website for full details:
https://inter-versiculos.classics.lsa.umich.edu/upcoming-workshop/
This site also contains sections on previous workshops (2011, 2016), with poems by participants, advice on composition, etc, which may be of interest.
For applications and expressions of interest, please contact (as soon as you can): Gina Soter
soter@umich.edu

We hope you will consider joining us. And we would also be very grateful if you could pass on the information to students and potentially interested colleagues and friends, and encourage any mentions of the workshop on social media or elsewhere, so that the message can reach a wider range of potential participants in all countries.
We would stress that the workshop is open to anyone at all (with reasonable Latin): no previous verse-writing experience is expected. We have found that most complete beginners can achieve some impressive results within the time of a workshop. It will be accessible to Latinists of varying levels: suitable for undergrads, but also for postgrads, and teachers at schools or universities – all of whom may find their appreciation of verse enriched by the practical approach we take.

Gina Soter writes that ‘the exercise can be unexpectedly compelling, illuminating and useful. As with many art forms, one of the best ways to understand what others have done, is to try to do it yourself.’
Here are a few comments from past participants:
・ Taught by a connoisseur of all the obstacles and traps in Latin
poetry writing, we made the first stumbling steps on our newly discovered
metrical feet; inspired by Sicilian sun, music, food, and wine, the stumble
developed – little by little – into a dance.
・ Even if I do not continue writing poetry, Inter Versiculos has
already improved my ability to read and appreciate Latin poetry. . . . my
reading feels more natural and it is far easier to appreciate the poem's
meaning.
・ ‘Inter Versiculos’ not only opened my eyes to Latin poetry and its
many wonders, but also to the gorgeous universe that is Sicily.
・ I was never more aware of the importance of quantities.
・ Having previously only studied classics in very traditional and
rigid European schools, it is good to get away from the cobwebs of Northern
scholarship and dash into the burning Sicilian sunshine.
・ I knew it was difficult to write with such confines as the different
meters but I never truly understood until I tried it for myself. It was
really satisfying to be able to have tangible evidence of my learning
throughout the week.
・ Prose was always my thing--or so I thought. Now that I understand
the skill involved in writing poetry, I have a completely different love
for it. Before I used to prefer the Caesar portion of the syllabus; now
I far prefer the Vergil!
・ The way Latin poetry is conventionally taught, it can feel like
trying to solve a puzzle … but the process of learning how to ‘write’ the poetry has augmented
my understanding of it a thousand-fold . … This perspective is unique
and invaluable; I certainly could have gotten it no other way.
・ I.V. also fostered a unique sort of community, the likes of which I
never would have imagined: it brought tenured professors, ancient armchair
Latinists, and green undergraduates all down to the same level of
expertise.

‘Inter versiculos’ 2018 is now actively seeking anyone curious about Latin poetry. We invite you to join us in Trapani, Sicily, July 5-14, 2018.


Latin verse composition workshop 2018 July.docx
Latin verse composition workshop Join Us!.pdf

Latin verse composition workshop Poster.pdf
posted by HP運営委員会 at 19:22| Comment(0) | 学会・研究会・講演会情報

2018年01月19日

第8回PAP研 「哲学史の隠れた鍵としてのアフロディシアスのアレクサンドロス」「アリストテレスと現代(1) 自然主義と哲学方法論をめぐって」

北海道大学の近藤智彦さんから研究会のお知らせです。

第8回PAP研

「哲学史の隠れた鍵としてのアフロディシアスのアレクサンドロス」
2018年3月2日(金) 東洋大学白山キャンパス6号館1階第3会議室
10:30-10:40 趣旨説明
10:40-11:30 近藤 智彦(北海道大学)「アレクサンドロスの自由意志論はどうして評判が悪いのか」
11:30-12:20 アダム タカハシ(東洋大学)「アレクサンドロスとアヴェロエス――形而上学・霊魂論・自然学」
14:00-14:50 安田 将(北海道大学)「混合論という問題の誕生――アレクサンドロスとピロポノスを中心に」
14:50-15:40 渡邉 真代(東京大学)「アラビア語圏のアレクサンドロス――ジャービル・ブン・ハイヤーンが伝えるその質料・形相・運動論」
15:50-16:40 西村 洋平(龍谷大学)「古代末期哲学の形成――プロティノスによるアレクサンドロスの素材・形相・魂論の受容と批判」
16:40-17:30 坂本 邦暢(東洋大学)「アレクサンドロスのルネサンス――知性・霊魂・神学」
17:30-18:00 全体討論

「アリストテレスと現代(1) 自然主義と哲学方法論をめぐって」
2018年3月3日(土) 早稲田大学26号館702教室
14:00-14:10 趣旨説明
14:10-15:00 高橋 祥吾(徳山工業高等専門学校)「アリストテレスの方法論におけるピュシス―― 「オルガノン」での用例を中心にして」
15:10-16:00 稲村 一隆(早稲田大学)「分類の方法論――アリストテレスの生物学と政治学から」
16:15-17:30 植原 亮(関西大学)「方法論的自然主義」
17:30-18:00 全体討論

参加自由
問合せ先: 近藤 智彦(北海道大学大学院文学研究科)kondo@let.hokudai.ac.jp
主催:科研費プロジェクト「アリストテレス倫理学の再定位を通した新たな自然主義的倫理学の構想」(17H02257)
**********

研究会ポスター
PAP8.pdf


(HP運営委員 西井)
posted by HP運営委員会 at 02:57| Comment(0) | 学会・研究会・講演会情報