2012年07月21日

早稲田大学地中海研究所

HP運営委員会の西井奨です。

現在、学会新ホームページのリンクに追加するため、
いろいろとウェブサイトを見て回っております。
個人でホームページをお持ちの方は、リンクをお願いするかもしれません。
また、学会新ホームページからのリンクを希望されるかたは、ご連絡頂けると幸いです。


既に更新は停止しているようなのですが、
早稲田大学 地中海研究所では、なかなか興味深い研究がなされていたようです。
こちらで発行されていた『地中海研究所紀要』から、
特に私の関心を惹いたものをいくつか挙げておきます。


・引地正俊「地中海アザラシとギリシャ人」(第1号)

・櫻井悠美「ヘレニズム期の戦時における女の参加」(第3号)

・小林雅夫「ローマ・ヒューマニズムの成立」(第5号)

・藤澤明寛「ローマ帝政期における「破廉恥な」俳優たち」(第7号)


紀要の最終号によると、この研究所は
同大学の「中世・ルネサンス研究所」に活動の場を移したそうです。


地中海関連といえば、一橋大学地中海研究会のウェブサイトもあります。
こちらでは、発刊されている『地中海論集』の記事の、著者別一覧があるのは便利だという印象を受けます。


また地中海関連というと、日本ギリシャ協会という会もあります。
こちらでは最近、久保正彰氏の講演会があったそうです。
以前、学会誌『西洋古典学研究』の発送のお手伝いをした時、
こちらにも送ったのを覚えています。


(投稿者:西井 奨)
posted by HP運営委員会 at 01:20| Comment(0) | 日記

2012年07月09日

地中海学会

HP運営委員会の西井奨です。

もう3週間前の話になるのですが、6月16日(土)・6月17日(日)と、
広島県尾道市の「しまなみ交流館」で開催された地中海学会 第36回大会に参加してきました。
地中海学会は、幅広い分野の人々から成り立っている学会ですが、西洋古典学関係の人間も一定数所属している学会です。

この学会は、「地中海世界の研究およびその推進、振興における優れた成果」に対して、
「地中海学会賞」をという賞を授与してきたのですが、
今回、京都大学学術出版会の「西洋古典叢書」刊行事業がこの賞を受けるということで、
初日の授賞式には西洋古典叢書の編集作業に携わっておられる國方栄二氏がスピーチをされました。
(なお、國方氏はTwitterで定期的に西洋古典からの名言をツイートしておられます。https://twitter.com/Deipnosophistai

受賞については、以下のWeb上で読める『地中海学会月報』2012年5月号にも記されています。
http://mediterr.web.fc2.com/geppo/350.html


二日目の研究発表会では、以下のような研究発表がなされました。

・「ギリシア青銅器時代の印章の硬度と図像──《星形モチーフを伴うライオン》図像」 小石絵美氏
・「アッティカにおける神話表現の成立──墓標陶器の図像変遷に着目して」 福本薫氏
・「オウィディウスのメルクリウス──『変身物語』第2巻676-832」 西井奨(私です(;´▽`A``))
・「古代ローマの皇帝親衛騎馬部隊騎士の墓碑と,その浮彫の「馬」図像」 中西麻澄氏
・「メディチ家支配下のピサ平野とナヴィチェッリ運河の描写と政治的事実について」 吉田友香子氏

今回の研究発表は、私も含め古代ギリシア・ローマ関係が4名、ということで、
西洋古典学に関心を持つ人にとっても興味深いものとなったのではないでしょうか。
今回の発表要旨は、次号以降の『地中海学会月報』に掲載されるので、興味を持たれた方はご覧ください。
(地中海学会のウェブサイト:http://mediterr.web.fc2.com/
来年の第37回大会は京都の同志社大学今出川キャンパスで開催されるそうです。


(投稿者:西井 奨)
posted by HP運営委員会 at 01:55| Comment(0) | 日記

2012年06月26日

日本西洋古典学会 ブログ開設

日本西洋古典学会は、ホームページの刷新に伴い、新たにブログを開設しました。
現在、試験的に運用する形となっております。


(投稿者:西井 奨)
posted by HP運営委員会 at 00:42| Comment(0) | 日記