2021年01月26日

酒井健太朗『アリストテレスの知識論―『分析論後書』の統一的解釈の試み』(九州大学出版会,2020)書評会

この度、酒井健太朗氏が博士学位論文にもとづいて出版したアリストテレス『分析論後書』に関する研究書の書評会を開催することになりました。多くの方のご参加をお待ちしています。

著者による紹介
 酒井 健太朗

コメント(順番未定)
 飯田 隆
 岩田 直也
 斎藤 憲
 高橋 祥吾

著者からの応答

質疑応答

2021年3月6日(土)13:30-17:00
オンライン(Zoom)要事前登録(前日17:00まで)
登録フォーム:https://forms.gle/MnncjMxt2tTiGMdm7
登録者にはzoomミーティングのリンクと資料を前日夜にお送りします。

共催
科研費プロジェクト「アリストテレス倫理学の再定位を通した新たな自然主義的倫理学の構想」(17H02257)
東洋大学国際哲学研究センター

問合せ:近藤 智彦(北海道大学)kondo@let.hokudai.ac.jp

202103酒井書評会ポスター.pdf
posted by HP運営委員会 at 13:45| Comment(0) | 学会・研究会・講演会情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。