2020年02月10日

「ヘレニズム・ローマ期の地理的辺境におけるプラトン主義宇宙論の受容と再生産」講演及び研究会のお知らせ

本研究会は中止となりました。(2020年2月26日)

学習院大学の小島和男教授より講演及び研究会のお知らせが参りました.こちらのポスターと合わせてご覧ください.

「ヘレニズム・ローマ期の地理的辺境におけるプラトン主義宇宙論の受容と再生産」
(研究代表者:金澤 修 研究分担者:小島 和男・宮崎文典)

【日時】2020年2月29日(土)13:30〜17:45
【場所】学習院大学 西1号館 101教室


【プログラム】
ご挨拶,研究の説明,成果報告
13:30−14:30 金澤 修(東京学芸大学)
最果てのヘレネス―アショーカ王碑文におけるギリシアとアラム―

ご講演
14:30−15:15 加藤 隆宏(東京大学)
インドの一元論と多元論―インドとギリシャの思想交流を再検討する―
15:30−16:15 佐藤 育子(日本女子大学)
ギリシア語・ラテン語文献史料にみられるフェニキア人像
16:15−17:00 本間 俊行(北海道大学)
オスティアの「アプレイウスの家」をめぐる諸問題

17:00−17:45 相互討議および終わりのご挨拶

*18:00 より懇親会を予定しております.
*講演及び研究発表の題目は変更する可能性がございます.ご了承下さい.
*お問い合わせはkazuonos@iris.dti.ne.jp(@を半角に変換)までお願い致します.

posted by HP運営委員会 at 20:22| Comment(0) | 学会・研究会・講演会情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。