2017年07月06日

第173回PHILETHセミナー&第7回PAP研「アリストテレス&プラトン 政治哲学とその周辺」


この度、稲村一隆氏が2015年にケンブリッジ大学出版局から出版したアリストテレス政治哲学に関する英文研究書の書評会を中心に、下記の通り研究会を開催することになりました。多くの方のご参加をお待ちしています。



第173回PHILETHセミナー&第7回PAP研

「アリストテレス&プラトン 政治哲学とその周辺」

2017年8月31日(木)・9月1日(金) 北海道大学



8月31日(木) 人文・社会科学総合教育研究棟 W202

10:00-10:45 近藤 智彦(北海道大学大学院文学研究科准教授)

 「男を〈受容〉する女――プルタルコスの女性論の哲学的背景」

10:50-11:35 安田 将(北海道大学大学院文学研究科博士後期課程)

 「アプロディシアスのアレクサンドロスの魂論における物理主義の問題」

11:40-12:25 石野 敬太(早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程)

 ‘Philosophy and Politics in Ch. X of Aristotle’s Protrepticus’

14:00-17:30

 Kazutaka Inamura, Justice and Reciprocity in Aristotle’s Political Philosophy (Cambridge University Press, 2015) 書評会

 著者による紹介 稲村 一隆(早稲田大学政治経済学術院准教授)

 コメント    石野 敬太(早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程)

         川本 愛(北海道大学大学院文学研究科事務補助員)

         齋藤 拓也(北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院准教授)

         金山 準(北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院准教授)

 著者からの応答

 質疑応答



9月1日(金) 古河講堂109室

10:00-13:00 伝プラトン『第七書簡』「脱線部」を読む *事前配布資料あり

 ゲスト 納富 信留(東京大学大学院人文社会系研究科教授)



参加自由(8月31日懇親会参加、9月1日資料希望の方はご連絡ください)

問合せ先:近藤 智彦(北海道大学大学院文学研究科准教授)kondo@let.hokudai.ac.jp



主催:科研費プロジェクト「アリストテレス倫理学の再定位を通した新たな自然主義的倫理学の構想」(17H02257)

協力:科研費プロジェクト「古代ギリシア文明における超越と人間の価値―欧文総合研究―」(16H03401)

**********

プログラムのポスターは↓こちらです。
PHILETH_PAP7.pdf


posted by HP運営委員会 at 13:38| Comment(0) | 学会・研究会・講演会情報