2019年08月10日

Ermanno Malaspina先生講演会のお知らせ

国際キケロ友好学会会長・トリノ大学人文学科准教授エルマンノ・マラスピーナ(Ermanno Malaspina)先生の講演会のお知らせが参りました.

講演題目:Recentior non deterior: Escorial R.I.2. A New constitutio textus of Cicero’s Lucullus
使用言語:英語(質問等はフランス語イタリア語可)

日時:2019年9月9日(月) 16:30-18:30
場所:東京大学駒場キャンパス18号館4階
コラボレーションルーム3 (アクセス

詳細についてはこちらも御覧ください.
posted by HP運営委員会 at 21:04| Comment(0) | 学会・研究会・講演会情報

2019年06月04日

ワークショップ「21世紀の人文知とは ――世界の古典学から考える」のお知らせ

渡邉顕彦氏よりワークショップの案内が届きました.詳細についてはこちらの資料もご覧ください.

ワークショップ 21世紀の人文知とは ――世界の古典学から考える The Humanities in the 21st Century: Classical Studies in and for the World

日時:2019年6月23日(日) 9:00-17:30
場所:早稲田大学戸山キャンパス 33号館第10会議室
使用言語:日本語,一部英語(通訳あり)
備考:事前申し込み不要
posted by HP運営委員会 at 22:34| Comment(0) | 学会・研究会・講演会情報

2019年05月17日

日本・ギリシャ修好120周年記念シンポジウム,およびAphrodisias Workshop in Tokyoのお知らせ

関西学院大学・藤井崇准教授より以下のシンポジウムとワークショップの案内が届きました.詳しい内容・プログラムについてはそれぞれの案内をご覧ください.なお,いずれも事前登録が必要ですのでご注意ください.

日本・ギリシャ修好120周年記念シンポジウム「古代ギリシャを日本に見る」――古代ギリシャ叙事詩と日本の伝統文化「能」との出会いから――

日時:2019年6月4日(火)18:00-20:00
場所:大妻女子大学 千代田キャンパス 本館E棟地下1階 055教室
参加方法:日本ギリシャ協会公式サイトの参加登録フォームよりお申し込みください.
<案内資料>

Aphrodisias Workshop in Tokyo(アフロディシアスにおける戦争と平和:前50年から250年)

日時:2019年6月5日(水)10:15-17:00
場所:関西学院大学 東京丸の内キャンパス(地図
参加方法:5月31日までにtakashi.fujii@kwansei.ac.jp(@を半角に変換)まで参加希望の旨(可能であれば参加時間帯と共に)お伝えください.
<案内資料>
posted by HP運営委員会 at 19:58| Comment(0) | 学会・研究会・講演会情報

2019年04月09日

川本愛『コスモポリタニズムの起源―初期ストア派の政治哲学』書評会のお知らせ


北海道大学の近藤智彦准教授より下記の書評会の案内が参りました.
詳細についてはこちらのポスターもご覧ください.

川本愛『コスモポリタニズムの起源―初期ストア派の政治哲学』(京都大学学術出版会,2019)書評会

2019年5月26日(日)14:00-17:30
早稲田大学早稲田キャンパス3号館7階709
(参加自由・事前申込不要)

趣旨説明
著者による紹介
 川本 愛
コメント
 安田 将
 稲村 一隆
 兼利 琢也
著者からの応答
質疑応答

司会 近藤 智彦


posted by HP運営委員会 at 22:45| Comment(0) | 学会・研究会・講演会情報

ワークショップ「日本における西洋古典受容」のお知らせ

北海道大学の近藤智彦准教授より下記のワークショップの案内が参りました.
詳細についてはこちらの資料もご覧ください.

ワークショップ「日本における西洋古典受容」Receptions of Greco-Roman Classics in Japan

日時 2019年5月25日(土)10:00-17:50
場所 慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎2階大会議室
   (東急東横線・東急目黒線/横浜市営地下鉄グリーンライン日吉駅徒歩1分)

プログラム

10:00-10:10 趣旨説明
10:10-11:00 渡邉 顕彦(大妻女子大学)
 「近世ラテン語、古典受容と16〜17世紀の日本人」
11:00-11:50 泰田 伊知朗(東洋大学)
 「日本における西洋古典受容の夜明け前:フランシスコ・ザビエルとラテン語そして日本語」
13:00-13:50 Tomohiko KONDO (Hokkaido University)
‘The Hymn to Apollo Arranged for Traditional Japanese Gagaku Instruments’
13:50-14:40 Yasuhiro KATSUMATA (Kyoto University)
‘A Japanese Adaptation of Plutarch’s Parallel Lives: Narrative Strategy in Ken SAWADA’s Plutarchan Lives of the Heroes for Children’
14:50-15:40 中西 恭子(東京大学)
「日本語近現代詩における西洋古典受容と世界文学」
15:40-16:30 Saiichiro NAKATANI (Keio University)
‘Inter-cultural/textual Play in the Poetry of Junzaburo NISHIWAKI’
16:40-17:30 Luciana CARDI (Osaka University)
‘Intersections between the Ancient Greco-Roman World and Contemporary Japan in Mari YAMAZAKI’s Manga Production’
17:30-17:50 全体討論

*一部の発表は FIEC / CA 2019 (15th Congress of the Fédération internationale des associations d’études classiques and the Classical Association annual conference 2019)(2019年7月4–8日・ロンドン)で予定されているパネル・セッション ‘We Are the Greeks/Romans: “Anatopistic” Classical Receptions in Modern Japan’ に向けての中間報告となります。

参加自由、事前申込不要
使用言語:日本語・英語(通訳なし)
posted by HP運営委員会 at 22:37| Comment(0) | 学会・研究会・講演会情報

2019年03月23日

名古屋大学大学院人文学研究科 西洋古典学分野専門教員公募のお知らせ

名古屋大学大学院人文学研究科より,西洋古典学分野・専門教員(職名:准教授(任期なし))の公募のお知らせが参りました.

公募の詳しい内容は下記要項をご覧ください.



名古屋大学人文学研究科 公募情報
posted by HP運営委員会 at 15:50| Comment(0) | 公募情報